贈与税に関して学ぼう

贈与税を納める場合

誰かから大きなお金を受け取った場合は、贈与税が課せられます。
それは家族や他人に関係ないので、いつ贈与税を納めるのか確認してください。
目的があってお金を贈ったのに、使わずに貯金をしていた場合は贈与税の対象になります。
このためにお金を使ってほしいといわれた場合は、必ずそれに使ってください。
またローンを代わりに返済した際も、贈与税が発生することが多いです。
誰がローンを支払ったのか、すぐわかるようにしましょう。

教育のために、お金を贈った場合は非課税になるので安心してください。
また一人暮らしをしている子供に、親がお金を渡すことが多いです。
生活費のためにお金を贈る場合も特例に含まれるので、贈与税を支払う必要はありません。
しかし毎月100万円を越える金額を送っていた場合は、もしかしたら課税の対象になるかもしれないと覚えておきましょう。
結婚や出産に関する場合も、贈与税が免除されます。
その時はお金がたくさん必要になるので、親から援助を受ける人が多いです。
贈与税は納めなくていいので安心してください。

お金以外に、住宅や土地をもらった場合も注意しなければいけません。
土地や住宅をもらった場合は、贈与税が発生すると覚えておきましょう。
また親が管理している賃貸に、子供が家賃を支払わずに暮らす場合も、贈与税が発生する場合があります。
特殊な場合は混乱してしまうので、事前に詳しく調べておきましょう。
正しく贈与税を納めてください。

≫ TOPへもどる