>

大金を受け取った時の決まり

貯金した時に発生する

大金をもらっても使い道がない場合は、貯金すると思います。
その時に贈与税が発生するので、忘れずに収めてください。
大金を急にもらっても、何に使えばいいのかわからなくなって、とりあえず貯金する人が多いでしょう。
一気に大金をもらえば、それだけ納める贈与税が高くなってしまいます。
もったいないないので、節税する方法を考えてください。

お金を、分割して受け取ると贈与税の発生を抑えることができます。
もし相手に連絡することができたら、小分けにしてお金を渡してほしいと伝えてください。
また必要のないお金は、受け取らないようにしましょう。
お金をもらえるのは嬉しいですが、贈与税を納めることになるので面倒になってしまいます。

ローンを代わりに支払う

自分がローンを組んでも、返済ができないと焦ります、
知り合いに相談すると、代わりに支払ってくれると言うかもしれません。
困っている時はありがたいですが、ローンを代わりに支払うといことは、大金を贈られて、自分がローンを支払っていると同じことになります。
つまり大金が贈与されているので、贈与税が発生します。

贈与税の計算をすると気に、誰がローンを支払ったのかという部分が重要になります。
わからないと、贈与税を支払わなければいけないか判断できません。
ローンを組む時は、支払える金額だけ借りてください。
すると他の人に肩代わりしてもらわなくてもいいので、余計な贈与税が発生することを回避できます。
よく考えてローンを利用しましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる