>

何のためにお金を贈ったのか

子供のためのお金

子供を教育する際は、高額な至近が必要になります。
実家から、支援を受けている人がいるでしょう。
しかし大金をもらったら、贈与税が発生するのではないかと、不安になっている人が見られます。
目的がある贈与だったら、贈与税が発生しないので安心してください。
子供の教育のためという目的を、ハッキリさせてください。

また一人暮らしをしている子供の生活費も、贈与税の対象から外れます。
しかしその時は、親が毎月どのくらいの金額を贈るのかという部分がカギです。
毎月5万円や、10万円ぐらいだったら非課税になります。
ですが100万円単位のお金を毎月渡していた場合は、贈与税の対象になってしまいます。
必要な生活費だけ、もらってください。

結婚式などの資金

結婚式を挙げる際は、お金をたくさん使います。
新郎新婦だけでは費用を準備できないので、それぞれの親から援助を受けることがあります。
その時に大金をもらっても、きちんと結婚式に使えば贈与税を支払う必要はありません。
結婚式そのものでなくても、新婚旅行や新しい住居の費用、さらにこれからの生活で使う家具なども適応されます。

出産の時も、親から援助を受けていても大丈夫です。
検査などの費用に、もらったお金を使ってください。
自分たちだけで費用を用意するのは難しいと思ったら、親に相談してみましょう。
必要な分だけもらって、それぞれの目的に使いきることができれば贈与税はかかりません。
どのくらい必要なのか、よく話し合ってください。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる